宣材写真 2 | EOS20Dで遊ぼう!/写真ブログ

■ カレンダー
    123
45678910
11121314151617
18192021222324
252627282930 
<< June 2017 >>
■ カテゴリー
■ 過去分
■ 新着情報
■ 最近のコメント
■ 相互リンク
■ 最近のTB
<< ジョーズ?! | TOP | ジャンプ一番!! >>
『宣材写真 2』
今日の写真(EOS20Dで撮影)は、「宣材写真 2」です。

ひらめき初心者のための(初心者による)デジタル一眼レフカメラ入門ひらめき

フリーアナウンサーの妻 が、プロフィール用の写真を新しく撮りたいといっていたのですが、プロにお願いすると結構なお金がかかるので、試しに撮ってみて?と言われて撮ってみました。

初めて、レフ版なるものを自作し 、ちょっと本格的に撮ってみたのですが、やっぱりレフ版があるのとないのとでは全然違うんですねー。
さすがに一人二役は難しく、生意気にもアシスタントが欲しい!と思ってしまった、、、。汗

この写真、いいと思ったら拍手をクリックしてくださいニコニコ(人気blogランキング )
宣材写真 2
カメラ 撮影データ
カメラ機種名: Canon EOS 20D
Canon EOS 20D
撮影日時: 2005/08/28 13:35:56
Tv(シャッター速度): 1/1000
Av(絞り数値): 2.2
ストロボ: 非発光
ISO感度: 100
使用レンズ: CanonEF50mmF1.8 IICanon EF50mm F1.8 II
撮影場所: 上野公園
| ポートレート | 07:00 | comments(10) | trackbacks(0) |
コメント
レフ版自作ですか、本格的ですね。
どの方向から光を当てるかとか、どの位の強さでとか難しそうですが、
アシスタントが居ると、動いてもらえるので助かりますね。
あと、フラッシュを焚くと、瞳に写り込んでキラキラするから良いと
どこかに書いてました。(完全に受け売りです…)

ここのところバタバタしていて、なかなか書き込めませんでしたが、
毎日楽しみに見てました。
また落ち着いたら、コメント残しに来ますね。
| lime | 2005/09/09 1:07 AM |
> limeさん
フラッシュで、瞳キラキラ、今度機会があったら試してみますね。
うれしいメッセージ、いつもありがとうございます!

そうそう、レフ板の作り方を、姉妹サイトの「デジタル一眼レフカメラ入門」に載せてみました。
| motomura(管理人) | 2005/09/09 7:04 PM |
レフ版自作、いいですねぇ。実際に作ってみたくなりました。
で、ふと疑問に思ったんですが、どうやってレフ版を広げて撮影したんですか?
もう気になって気になって…。
| ホーマック | 2005/10/15 5:04 PM |
> ホーマックさん
かなり無理な体勢ではありますが、レリーズを右手にファインダーを覗きながら、左手でレフ版を当ててました。
はたから見たら、この人何やってるんだろう?って感じだったかもしれません。(笑)
| motomura(管理人) | 2005/10/15 5:14 PM |
やっぱりそれしかないですよねぇ。
カメラの三脚とレリーズは必須って感じですね。
僕も妻を何とか綺麗に撮れるようにがんばってみます。
では、ありがとうございました。
| ホーマック | 2005/10/17 10:57 AM |
アナウンサーの奥様のお声が聞けないことが残念です。
デジカメのアドバイスを、参考にさせていただいております。
利尻島で写真撮影をしています。
| 白熊 | 2005/10/25 1:09 PM |
思いっきりモデル気取りですな^^;


もうちょう自然の表情の方が良いかと。
| ふま | 2005/10/26 1:42 PM |
> 白熊さん
私のアドバイスが参考になるか自信ありませんが、ヒントになればうれしいです。
白熊さんのブログも拝見しましたよ。
お互いに更新がんばりましょう!

> ふまさん
妻はモデルの仕事もやっていて、あわよくばプロフィール用の宣材写真で使うつもりで撮ったので、こういう表情になりました。
| motomura(管理人) | 2005/10/26 8:10 PM |
レフ板を使わないとどうなるのか、も
ぜひのせていただきたかったです。
| ichigo | 2007/10/06 12:22 PM |
奥さん美人だー


と思ったら玄人さんかー^^


今日 d5100買いました。
このサイトでまだまだ勉強させていただきます。

と、すごい前の記事にコメント失礼しました^^;
| imari | 2012/07/12 2:08 PM |
コメントする









この記事のトラックバックURL
http://blog.accent-jp.com/trackback/301137
トラックバック